漢方周期療法(周期療法)の基本的な考え方

不妊症に対し、西洋医学から見た妊娠のメカニズムを基に女性の生理周期を月経期(生理期)・卵胞期(低温期)
・排卵期・黄体期(高温期)4期に分けて考え、時期に合わせた中医学治療(漢方治療)を行います。
つまり、毎日同じ漢方薬を服用し続けるのではなく、生理周期の各時期にそれぞれ適した漢方を使い分けるのが最大の特徴です。

 

生理周期表

 

上記の表を見てください。周期療法は生理周期(生理期、低温期、排卵期、高温期)にあわせて異なる漢方薬を
服用しますが、各時期の基本的なお手当の意味は以下のようになります。

漢方周期療法における各時期の治療方針

生理期 子宮内の血液をきれいに排出させる。
低温期 子宮内膜をやわらかくフカフカにし成熟卵胞を健やかに育てる。
排卵期 元気いっぱいの卵の排卵をスムーズにする。
高温期 受精卵を子宮内に着床させ妊娠を継続できるようにする。

女性の体は生理周期によって女性ホルモンの分泌が異なり体調も変わってきますので、生理周期にあわせて
漢方薬を使い分ける周期療法は大変効果的です。
これは、女性の身体の本来のリズムを整えること(周期調整)に主眼をおいているので、
体にやさしく、不妊症だけではなく、生理不順・生理痛・冷え・イライラなども改善された、というお声も多くいただきます。

不妊症でお悩みの方は一人で悩まないでご相談ください不妊改善アドバイスブック